MESSAGE

今、あなたに、本気で伝えたいこと

本部長 × 社員 座談会

変化の激しい時代に…

倉田:

藤野さんはNEC VALWAY(バルウェイ)に入社してから15年程で、オペレーターから入社し現在は本部長ですが、一昔前と現在と比べて、違いはありますか?

藤野:

昔は自分もそうだけど、会社も『ガムシャラ』だったかな。
会社を大きくしよう、存在感を示そうと突き進んでいた感じ。今は潮目が変わったというか、時代が変わってきた。
技術の進歩も早く様々な可能性が溢れている時代。その分、ただ「頑張れば、いい」わけでなく変化をキャッチしないとすぐに廃れてしまう。人の採用も難しい時期だし、やりたい方向性に対して単純に突き進むだけでは難しく、やり方も工夫しないといけない時代かな。

成田:

とはいえ、昔も今も「風通しの良さ」はNEC VALWAY(バルウェイ)として変わらないところと思います。私も入社間もない頃、色んな人から声を掛けてもらって、うまく溶け込むことができました。
藤野さんは今の立場になり、現場を見てどう感じますか?

藤野:

あまり深く考えて、現場を見ていないかも(笑)
むしろ、考え事しながら現場を見ていて、ふとした気づきがあれば声をかけたり、変わった様子のある社員については、その上司に確認したり伝えたりしているかな。

倉田:

ふとした様子が気になることはありますよね。
私も新人OPの研修を実施していて、NEC VALWAY(バルウェイ)のカラーに合わないな、とか、つまらなさそうに感じているな、と思うことがあります。NEC VALWAY(バルウェイ)のカラーは自ら動くというか、受身ではちょっとしんどくなるというか……。

藤野:

そうだね。カラーという意味ではNEC VALWAY(バルウェイ)の特徴の一つに、必要以上にジョブローテーションをしないことがあるけど、それはクライアントからの信頼獲得と維持のためにメンバーを固定してきたんだよね。同じメンバーが長くクライアントと接することでクライアントの過去の経緯も把握できるし、だからこそちょっとした変化や要望にもNEC VALWAY(バルウェイ)が柔軟に対応できるようになるので、クライアントのNEC VALWAY(バルウェイ)に対する安心感も高まるからね。

成田:

でも、固定メンバーで仕事を続けると多少なりともメンバー間に“マンネリ化”が生じてくるような気がしますが。
メンバー同士の輪というか絆も強くなる分、新しい人を迎える体制もきちんと整えないと……。

藤野:

そこは課題だね。
良いトコロは続けていく反面、時代の変化に合わせて変えていかなければならないトコロは変えないとね。
例えば、マンネリ化は外部情勢やクライアント環境に応じて、仕事の仕方や向き合い方を変えることが必要で、その意識が個々人の中にどれだけ持てるかが大事であり、マンネリ解消に繋がると思う。
また、受入れ体制は「風通しの良さ」に任せきりのところがあったから、個人や現場に委ねすぎている部分はあるのかな……。
メンバー固定がチームや組織の中であまり良くない方向に向かっているなら、何かしら手を打たなければならない時期に来ているのかもね。
カラーの話に戻るけど、自分から「溶け込め」と言っても、すんなり出来る人と出来ない人もいるし、出来ないからダメではなく、採用も難しい時代だからこそ縁があって新しい人が入ってきた時にWelcomeな状況を意識して作る必要があるかもね。

大切にしていること

加賀:

意識の話が出ましたが、藤野さん自身が仕事の中で大切にしているコトは何ですか?

藤野:

ムダなことと言うか、あまり意味ないと感じることは出来るだけ考えないようにしているし、それに時間を費やしたくないかな。
なので、「本来、何をすべきか」という本質的なことを考えること、要はクライアントが何を考えてて、NEC VALWAY(バルウェイ)として何が出来るかということを大事にしてる。

倉田:

なるほど。私は新人OP向けに研修をして、一人前としてデビューさせることがミッションとしてあるので、OPの皆さんが働きやすい職場環境づくりを意識してますね。
研修で知識をわかりやすく伝えるだけではなく、電話越しのエンドユーザの方が満足していただけるような対応がしやすい状況を作ると言いますか……。
自分事では、自身のミッションに集中しすぎているため、他グループのことをもっと知って自分の業務に生かしたいと思ってますね。

加賀:

私も同じですね。
私は経理部に所属しているため、仕事だけだと現場との距離が出来てしまい、それが溝になってしまう可能性があるので。
なので、仕事で交流持つことが機会として少ないので、なるべく積極的に研修に参加したり、色々な飲み会に顔を出して交流を持つようにしています。

成田:

交流は大事ですよね。
飲み会だけではなく、色んな人と接点を持つことは関わり方も変わってくるし、特に新しい人にとっては疎外感がなくなるので働きやすい雰囲気も生まれてくると思います。
私は管理者としてコールセンターの現場運営を担当していますが、OPに対しても新しく入社した管理者にも分け隔てなく接することを意識しています。
コールセンターはクライアントからの要望も多岐に及び、対応のスピードも求められるので常に一体感というか一緒に同じ方向を向いて進めていく雰囲気というか、土壌が大切だと思います。
言うのは簡単ですが、実施するのは案外難しいものですがね。仲が良いだけでは上手くいきませんし。

藤野:

みんなの話を聞いてて思ったんだけど、会社の理念である「最も大切なのは社員である」という言葉は、深いよね。
何が『大切』なのか、『大切』の感じ方・捉え方とかは、人によっても違うから。会社が決めつけるものでもないかもしれない。

加賀:

そうは言っても、理念として掲げている以上は、社員に伝えていかなければならないのかと思います。
何をもって「大切にされている」と感じるかは人それぞれですが、何かしら形になって見えるモノがあると、わかりやすく伝わるのかもしれませんね。

藤野:

形にすると、それこそ個々人の価値観の違いから歪みが出ると思う。それに会社から何かを与える・提供すると、要求がエスカレートしていくことだって考えられる。
また「与えられて当然」と勘違いして受身の姿勢が出てしまうことは良くないかと。

成田:

なんか、ネガティブですね~……。
私はポジティブ派で元気が売りのところがあるのですが、会社にも元気でいて欲しいし、それには藤野さん自身が元気でないと!

藤野:

成田さんがポジティブなの、知ってる。しんどい時も楽しそうに働いてるな~って、見ていて思う時もあるかな(笑)。
ま、要はバランスだよね。ちょっと例えが違うかもしれないけど、しんどい時こそ元気が必要だし、与えらえるのを待ってもダメで、何も与えないのもダメで……。
そうね……。もしかしたら、「社員を大切に」という理念は社員全員で形成するコトなのかね。
であれば、社員の命題に掲げた「4つ」のことを個々人が行動に現わすことが近道なんじゃないかな。

これからのNEC VALWAY(バルウェイ)

倉田:

なるほど~。
さて、今日一番聞きたいことだったのですが、藤野さんから見てNEC VALWAY(バルウェイ)の『ココがいい!他社と違う』という点はどこですか?

藤野:

視点や視座によって違うよね。良い悪いは、日々変化していくから一概には言えない。さっきの話ではないけど、これも感じ方は人それぞれだし。
でも、一つ言えるとしたら、NEC VALWAY(バルウェイ)がやろうとしている事業の方向性は、とても明るい兆しがあると思っている。
オンリーワンではないけど、マーケティングの市場は今後も拡大するであろうし、クライアントとの結束・高い信頼性は他社に負けていないと思う。

成田:

あとは、社内の活性化を進めないといけないですね。藤野さんの元気も!

藤野:

元気っちゃ元気よ!
ただ、チャレンジするためのカベが高いご時世になってきてるから、ちょっとやそっとでは越えられないのは事実かな。

加賀:

最後に、藤野さんの目指すNEC VALWAY(バルウェイ)像とは?

藤野:

もっと“かっこいい会社”にしたいね。
やりたいことをやる、失敗を先に考えないようなベンチャースタイルでいたいね。
有名企業になりたいとか、世の中を変えようとか、そこまで大それた目標ではなく『NEC VALWAY(バルウェイ)さんだから』と言ってくれるクライアントを作っていくこと。
そして、そのクライアントに対して「自分達はココまで」という線を引かず、トコトンお付き合いしながらチャレンジしていくことかな。
厳しい時代だからこそ、ピンチをチャンスに変えて、そして自分達の信念を曲げずにやりたいコトにこだわりを持って進めていく、そんな集団でありたいし、そんな社員と一緒に面白く仕事をしていきたいね。

成田:

お、ポジティブになりましたね。元気出ました??

藤野:

だから、元気だってば!!

今、あなたに、本気で伝えたいこと
それは、NEC VALWAY(バルウェイ)こそが輝ける場所だというコト